ご質問にお答えします



Q1のご回答

当社で使用する研磨材の粒度の規格
旧JIS研磨布紙用規格・及び現行一般研磨材粒度
:記号#で表します(例#60)。

当社では、以前よりFEPA規格の粒度を使用していました。
ISO研磨布紙用P規格・及び新JIS研磨布紙用P規格・従来からのFEPAをPで表します。

同じ番手でも#とPではPの方が少し荒く粒径がそろっています。
  
研磨布紙関連JIS規格について
研磨布紙に使用する研磨材の粒度は、従来、研磨材の粒度(JIS R 6001-1987)によっていました。しかし、世界標準化の流れから、ISO 6344/1に準じ、新たに研磨布紙用研磨材の粒度( JIS R 6010 )が制定されました。
それに伴って、研磨布紙関連JIS規格(全10規格 JIS R 6251〜R6260)が1991年8月1日に大幅に改正されました。


主な改正点

 (1)   研磨材の材質による種類は、AA(アルミナ質)、CC(炭化ケイ素質)から、AWAPAHAAZ(アルミナ質研削材)、CGC(炭化ケイ素研削材)となりました。
(2)  
研磨材の粒度による種類は、粒度を示す数字の前に“P”を付けることになりました。
(3)   JIS R 6253(耐水研磨紙)の700番、JIS R 6255(研磨ディスク)の14番、に相当する呼称がなくなりました。JIS R 6010とJIS R 6001の粒度では、粒度番号が同じであっても、粒度によって粒度分布にずれがあり、JIS R 6010は新しい粒度体系で構成されているので、14番と700番は含まれていません。

JIS R 6010とJIS R 6001の粒度分布の規格値は同一ではありません。

 なお、今回の改定は、研磨布紙の主原料である研磨材の粒度規格の変更という内容を含むため、暫定措置として改正前の規格を平成9年3月31まで改正後の規格と伴わせて適用できることになっています。





ご質問のページへ  トップへ